> ホーム > docs

ドキュメント一覧 (11,918,252) JSON TSV
 

ソースDB ソースID テキスト proj.数 annotationsの数
@Toyofumi Fujiwara 00001 1 球脊髄性筋萎縮症 ○ 概要 1.概要  通常成人男性に発症する、遺伝性下位運動ニューロン疾患である。四肢の筋力低下及び筋萎縮、球麻痺を主症状とし、女性化乳房など軽度のアンドロゲン不全症や耐糖能 1 32 表示
@Toyofumi Fujiwara 00002 2 筋萎縮性側索硬化症 ○ 概要 1.概要 主に中年以降に発症し、一次運動ニューロン(上位運動ニューロン)と二次運動ニューロン(下位運動ニューロン)が選択的にかつ進行性に変性・消失していく原因不明の 1 46 表示
@Toyofumi Fujiwara 00003 3 脊髄性筋萎縮症 ○ 概要 1.概要  脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy:SMA)は、脊髄の前角細胞の変性による筋萎縮と進行性筋力低下を特徴とする下位運動ニューロン 1 53 表示
@Toyofumi Fujiwara 00004 4 原発性側索硬化症 ○ 概要 1.概要  原発性側索硬化症(primary lateral sclerosis:PLS)は、運動ニューロン疾患のうちで一次(上位)運動ニューロンのみが選択的、進行 1 57 表示
@Toyofumi Fujiwara 00005 5 進行性核上性麻痺 ○ 概要 1.概要 進行性核上性麻痺(progressive supranuclea palsy:PSP)は、中年期以降に発症し、淡蒼球、視床下核、小脳歯状核、赤核、黒質、脳 1 49 表示
@Toyofumi Fujiwara 00006 6 パーキンソン病 ○ 概要 1.概要 パーキンソン病は、黒質のドパミン神経細胞の変性を主体とする進行性変成疾患である。4大症状として(1)安静時振戦、(2)筋強剛(筋固縮)、(3)無動・寡動、( 1 27 表示
@Toyofumi Fujiwara 00007 7 大脳皮質基底核変性症 ○ 概要 1.概要 大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)は、大脳皮質と皮質下神経核(特に、黒質と淡蒼球)の神経細胞が脱落し、 1 44 表示
@Toyofumi Fujiwara 00008 8 ハンチントン病 ○ 概要 1.概要  ハンチントン病は、常染色体優性遺伝様式をとり、舞踏病運動を主体とする不随意運動と精神症状、認知症を主症状とする慢性進行性神経変性疾患である。ハンチントン病は 1 47 表示
@Toyofumi Fujiwara 00009 9 神経有棘赤血球症 ○ 概要 1.概要  神経有棘赤血球症には、数疾患が含まれている。代表は、有棘赤血球舞踏病とMcLeod症候群である。その他、ハンチントン病類症型(Huntington di 1 50 表示
@Toyofumi Fujiwara 00010 10 シャルコー・マリー・トゥース病 ○ 概要 1.概要  シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth disease:CMT)は、臨床症状、電気生理学的検査所見、神経 1 31 表示