> top > docs > FirstAuthor:9880 > divs

FirstAuthor:9880 JSONTXT

Divisions (7)
 

div. section text # proj. length # Ann.
0 TIAB CENP-Aのセントロメアへの局在はLys124のユビキチン化に依存する 要 約  CENP-AはヒストンH3と相同性をもつセントロメアに特異的なヌクレオソームタンパク質である.ヒトの染色体においてセ 1 704 111 show
1 はじめに はじめに  S期に複製され倍加した染色体は,M期に細胞の両極から伸びる紡錘体微小管と結合することにより娘細胞に等分配される.微小管の結合するDNAの領域はセントロメアと定義され,そこに形成されるDNA 1 1349 234 show
2 1.CUL4A-RBX1-COPS8ユビキチンリガーゼ複合体はin vivoおよびin vitroにおいてCENP-AのLys124をユビキチン化する 1.CUL4A-RBX1-COPS8ユビキチンリガーゼ複合体はin vivoおよびin vitroにおいてCENP-AのLys124をユビキチン化する  これまでに,抗CENP-A抗体を用いたクロマチ 1 1184 174 show
3 2.CENP-AのLys124のユビキチン化はセントロメアへの局在に必要である 2.CENP-AのLys124のユビキチン化はセントロメアへの局在に必要である  CENP-AのLys124をArgに置換することによりCUL4A-RBX1-COPS8ユビキチンリガーゼ複合体によるユ 1 380 63 show
4 3.Lys124をArgに置換した変異型CENP-Aにモノユビキチンを付加するとHJURPとの結合能およびセントロメアへの局在が回復する 3.Lys124をArgに置換した変異型CENP-Aにモノユビキチンを付加するとHJURPとの結合能およびセントロメアへの局在が回復する  Lys124をArgに置換した変異型CENPのC末端にモノユ 1 373 61 show
5 4.CUL4A-RBX1-COPS8ユビキチンリガーゼ複合体は新規のCENP-Aのセントロメアへの組み込みおよび既存のCENP-Aの維持の両方に必要である 4.CUL4A-RBX1-COPS8ユビキチンリガーゼ複合体は新規のCENP-Aのセントロメアへの組み込みおよび既存のCENP-Aの維持の両方に必要である  一定の時期に発現したCENP-AをSNAP 1 461 67 show
6 おわりに おわりに  CENP-Aはセントロメアとしてのアイデンティティーを決定するエピジェネティックなマークとして重要な役割を担うと考えられているが,分子レベルでどのような制御をうけることによりセントロメアに 1 463 74 show